True Health Journal

トゥルー・ヘルス・ジャーナル

USANAの創設者 マイロン・ウェンツ博士について

f:id:beingart:20180921144558p:plain

 

@USANA - THE HEALTHIEST FAMILY ON EARTH

 

 

ユサナ・ヘルス・サイエンス社と創設者のマイロン・ウェンツ博士について、ご紹介します。

 

 

出典:

Dr. Myron Wentz - Scientist

 

 

 

 

科学者としての功績

   

f:id:beingart:20190208090859j:plain

Dr. Myron Wentz

 

マイロン・ウェンツ博士(Dr. Myron Wentz)は、ヒト細胞培養技術の研究開発と感染症の診断における革新的な研究を成し遂げたことで知られる、世界的に有名な科学者です。

 

博士は、世界の健康問題を解決するべく、科学的研究に人生を捧げました。

 

そして、博士は、研究によって、細胞レベルで人体に栄養を与えるよう設計された優れた栄養システム(栄養製品)を創り出しました。

 

 

f:id:beingart:20190218115551j:plain

USANA Founder Dr. Myron Wentz Receives Albert Einstein Award

 

ウェンツ博士は、彼の研究努力の功績を讃えられ、2007年、生命科学の優れた業績においてアルバート・アインシュタイン賞を受賞しました。

 

 

学歴  

 

f:id:beingart:20190218115648j:plain

若き研究者としてのマイロン・ウェンツ

 

ウェンツ博士は、ノースセントラル大学・生物学学士号、ノースダコタ大学・微生物学修士号、ユタ大学で免疫学と微生物学の博士号を取得しました。

博士の初期のキャリアは、メソジスト・メディカル・センターにて微生物学ディレクターとして務め、その後、プロクター・コミュニティ病院、イリノイ州ピオリアのピーキン記念病院などに勤務しました。

 

 

ガル研究所

 

f:id:beingart:20190218114650j:plain

Gull Laboratories

 

ウェンツ博士は1970年代初頭、米国ユタ州ソルトレークシティに、ガル研究所を設立しました。

 

博士は、感染症の検出や、特定の自己免疫疾患を検出するために設計された、30種類以上の異なる診断テストの開発と製造に、20年間、費やしました。

 

 

疾患検出の分野におけるガル研究所の貢献は、世界中の健康産業で重要な役割を果たしました。


しかし、ウェンツ博士は、病気の予防がさらに重要であると考えました。

 

体内のフリーラジカルは、ほとんどの変性疾患の原因であると考えられています。

 

ウェンツ博士は、フリーラジカルの悪影響に対抗するために抗酸化物質を補給する必要があると考えました。

 

博士は、変性疾患を予防するために人々ができる最も効果的な方法は、それぞれのヒト細胞において、最も基本的なレベルで適切な栄養を摂取することである、と結論を下しました。

 

 

ウェンツ博士は、最も健康で最も機能的な細胞を成長させるための栄養システムを作り出すことによって、最高級のウイルス抗原を開発することに取り組みました。

 

この研究は、質の良い栄養の原則は普遍的である、と彼に確信させました。

 

ウェンツ博士は、総合的な栄養補給によって人間の身体は長期的な健康を維持することができる、と確信しています。

 

 

ユサナ・ヘルス・サイエンス社 

 

f:id:beingart:20190125065409j:plain

 

重要な栄養を摂取できる道筋を世界に提供する決意で、ウェンツ博士は1992年にユサナ・ヘルス・サイエンス社を設立し、高品質な栄養補助食品を製造するための最先端施設を創設しました。

 

ユサナが健康とウェルネス産業の業界リーダーとして、完全でバランスのとれた有益な栄養素を提供するよう設計されたフルラインの栄養製品をお客様のお手元に届けることができるようになってから、既に4半世紀が経過しています。

 

 

 

マイロン・ウェンツ博士の科学論文

 

ウェンツ博士は以下の科学論文の共同著者です。

  • 「細胞毒性とアポトーシスの誘導に対する細胞密度の影響を評価するためのフロー・サイトメトリー分析」 /  Preobrazhensky S, Malugin A, Wentz M. "Flow cytometric assay for evaluation of the effects of cell density on cytotoxicity and induction of apoptosis". Cytometry2001;43(3):199-203.

  • 「トキソプラズマに対する抗体検出のためのラテックス凝集試験」/ Mazumder P, Chuang HY, Wentz MW, Wiedbrauk DL. "Latex agglutination test for detection of antibodies to Toxoplasma gondii". J Clin Microbiol 1988;26(11):2444-46.

  • 「大腸癌特異性を有する卵巣粘液嚢胞液に対する抗血清」/ McNeil C, Ladle JN, Helmick WM, Trentelman E, Wentz MW. "An antiserum to ovarian mucinous cyst fluid with colon cancer specificity". Cancer Research1969;29(8):1535-40.

  • 「ボツリヌス菌C型:バチルス-リケニフォルミスによる季節阻害」 / Wentz MW, Scott RA, Vennes JW. "Clostridium botulinum type F: Seasonal inhibition by Bacillus lichenoformis". Science 1967;155(758):89-90.

 

 


 

Scientist

Dr. Myron Wentz is a world-renowned scientist most commonly known for his revolutionary work in developing human cell culture technology and the diagnosis of infectious disease. He has dedicated his life to finding solutions to the world’s health concerns, and in doing so, created a superior nutrition system designed to nourish the human body on a cellular level. As a result of his efforts, Dr. Wentz was presented the Albert Einstein Award for Outstanding Achievement in the Life Sciences in 2007.

 

Education

Dr. Wentz received a PhD in microbiology with a specialty in immunology from the University of Utah, an MS in microbiology from the University of North Dakota, and a BS in biology from North Central College. In his early career, Dr. Wentz served as director of microbiology for Methodist Medical Center, Proctor Community Hospital, and Pekin Memorial Hospital in Peoria, Illinois.

 

Gull Laboratories

Dr. Wentz founded Gull Laboratories in Salt Lake City in the early 1970s. He spent 20 years developing and manufacturing more than 30 different diagnostic tests designed to detect infections and certain autoimmune disorders. Many of these assays were FDA firsts, and Gull’s greatest success was the creation of the first commercially available test for the diagnosis of Epstein-Barr virus infection.

Gull's contributions to the field of disease detection played a critical role in the world health arena, but Dr. Wentz believed the prevention of disease was even more important. Free radicals in the human body are believed to be the cause of most degenerative diseases, and Dr. Wentz saw the need for supplementing with antioxidants to counter the negative effects of free radicals. He concluded that the single most effective thing people could do to prevent degenerative disease was to receive proper nutrition at the most basic level—in each individual human cell.

Dr. Wentz worked to develop the finest viral antigens by creating a nutritional system to grow the healthiest and best functioning cells. This research convinced him that the principles of good nutrition are universal. Dr. Wentz firmly believes that with comprehensive nutrition, the human body can sustain long-term good health.

 

USANA Health Sciences

With a determination to provide the world with access to vital nutrition, Dr. Wentz founded USANA Health Sciences in 1992 and created a state-of-the-art facility to manufacture high-quality nutritional supplements. It wasn’t long before USANA became a leader in the health and wellness industry with a full line of nutritional products designed to provide a complete and balanced spectrum of beneficial nutrients.

 

出典:

Dr. Myron Wentz - Scientist

http://drwentz.com/publications.html

 

 

 

 

f:id:beingart:20190120111017j:plain

 

ニュートリショナル製品一覧

 

*ユサナは、最高品質の製品を製造し、その内容成分量を保証しています。ご自身やご家族の皆様に正規品をご利用いただくため、ユサナ製品は、ユサナアソシエイトまたはUSANA.com からご購入いただきますよう、お願い申し上げます。

*本品は、特定保健用食品と異なり、消費者庁長官による個別審査を受けたものではありません。

*この文章は食品医薬品局(FDA)の評価を受けておりません。この製品は疾病の診断、治療、治癒、予防を目的としたものではありません。

 

  

f:id:beingart:20190205224249j:plain

*このウェブサイトに掲載しているUSANA関連情報は、ユサナ・ヘルス・サイエンス・ジャパン合同会社 (USANA Health Sciences Japan LLC)の承諾を得て掲載しています。