True Health Journal

トゥルー・ヘルス・ジャーナル

分子標的化で細胞シグナル伝達に働きかける栄養科学 インセリジェンス・テクノロジーとは

 

f:id:beingart:20190106190717j:plain

 

 

 

インセリジェンスとは

 

インセリジェンスとは、人間の身体に生来備わっている自然な細胞同士のコミュニケーション・プロセスを通して、細胞の健康状態を最適化するためのサポートを行う栄養科学技術です。

 

これは、米国ユタ州ソルトレークシティに位置する細胞栄養科学会社ユサナ・ヘルス・サイエンス社研究開発製造している栄養製品に採用されています。

 

インセリジェンスは、細胞の機能最適化するために、栄養素の分子標的化を活用しています。

 

栄養素の中には、細胞機能を高めるためのとなる栄養素が存在しています。

 

それらは、科学的には、細胞シグナル伝達分子であることが証明されています。

 

こうした栄養素の分子は、細胞の言語を話すことができます。

 

  

インセリジェンスは、ストレスから生じるノイズの影響をカットする

 

細胞の機能は、自然発生的なものであれ、ライフスタイルや環境から生じるものであれ、さまざまなノイズの影響を受けます。

 

こうしたノイズカットして、活力に満ちた健康状態をサポートするために、あなたが本来持っている細胞の能力を引き出すのが、インセリジェンス・テクノロジーです。

 

 

参照記事:ASK THE SCIENTISTS
AN INTRODUCTION TO INCELLIGENCE TECHNOLOGY®

 

*本記事の記述内容は、FDA(米国食品医薬品)からの評価を受けたものではありません。この製品は、病気の診断、治療、治癒、予防を目的としたものではありません。

 

 

 

...もっとわかりやすく言うと、

植物由来特定の栄養素の組み合わせを摂取することで、細胞同士のコミュニケーション能力が高まり、身体の細胞の保護能力細胞の再生能力高めることができる、ということです。

 

簡単に言ってしまえば、細胞が元気になるということです。

 

疾病の多くの原因が、細胞の保護能力再生能力低下によるものです。

 

専門的な言い方をすれば、活性酸素フリーラジカル)などの不安定分子によって細胞機能低下してしまうことが、疾病大きな原因になります。

 

これを未然に防ぐためには、そして、回復力適応能力高めるためには、細胞同士のコミュニケーション能力を活性化し、不安定分子安定化させるよう、細胞の保護能力高めておくことが大切です。

 

普段から、細胞の機能を高めておくことは、身体の健康健康維持にも役立つと言えるでしょう。

 

 

 

f:id:beingart:20190120111017j:plain

 

ニュートリショナル製品

 

*ユサナは、最高品質の製品を製造し、その内容成分量を保証しています。ご自身やご家族の皆様に正規品をご利用いただくため、ユサナ製品は、ユサナアソシエイトまたはUSANA.com からご購入いただきますよう、お願い申し上げます。

*本品は、特定保健用食品と異なり、消費者庁長官による個別審査を受けたものではありません。

 

 

 

関連記事:

www.feel-alive.online

 

 

truehealthjournal.hateblo.jp

 

 

truehealthjournal.hateblo.jp

 

 

 

f:id:beingart:20190123105525j:plain


米国本社のUSANA Health Sciences. Inc. が米国で提供している栄養製品 と、日本のユサナ・ヘルス・サイエンス・ジャパン合同会社が提供している栄養製品では、配合成分が異なります。その主な理由は、各国間によって薬事法や医薬品基準等が異なるためです。 日本国内で販売している栄養製品も、米国本社が販売している製品と同様 に、米国の医薬品GMP基準を順守し、且つ、米国食品医薬品局(FDA: Food and Drug Administration) に「医薬品製造施設」として認定された米国本社の自社工場で製品を生産しています。 本記事は、米国本社の情報を翻訳しつつ、日本の読者の皆様に向けて加筆・編集しています。尚、記事の掲載内容については、ユサナ・ヘルス・サイエンス・ジャパン合同会社 (USANA Health Sciences Japan LLC )に確認をいただいております。  

 

 

f:id:beingart:20190205224249j:plain

*このウェブサイトに掲載しているUSANA関連情報は、ユサナ・ヘルス・サイエンス・ジャパン合同会社 (USANA Health Sciences Japan LLC)の承諾を得て掲載しています。