True Health Journal

トゥルー・ヘルス・ジャーナル

自然と健康 アウトドア体験で得られる10の恩恵

f:id:beingart:20190427100235j:plain

 

 

今、海外では、日本発祥の森林浴について、多くの研究活動と専門機関によるリサーチがなされ、日本人が長い間信じてきたことが正しかったということが、科学的に実証されています。

 

自然環境の中で過ごすことで、私たち人間は、さまざまな恩恵を受けます。

 

今回の記事では、科学をわかりやすく伝える先鋭のサイエンス・ライター、シドニー・スプラウス氏の記事をもとに、アウトドア体験で得られる効果について、ご紹介します。

 

 

自然の中で過ごすことの重要性 10の理由

 

 

 

 

出典:Ask the Scientists
10 REASONS WHY BEING OUTSIDE IS IMPORTANT

 

 

今日(こんにち)のパワフルなテクノロジーの世界では、多くの人がシンプルに生きることや、自然に還ることを強く求めています。

 

野外レクリエーション健康上の利点体験するには、パソコンやスマートフォンなどの電子機器電源を切って現生自然の中でエネルギー・チャージする必要があります。

 

自然がもたらしてくれるありとあらゆるものに浸り、吸収することができる人は、なぜ外で過ごすことが重要なのかをわかっています。

 

つまりそれは、健康に良いからです。

 

 

f:id:beingart:20190504002836j:plain

 

 

スマートフォンや自家用車が登場し普及するずっと以前から、日本では「森林浴」を国民的健康プログラム重要な一部と考えていました。

 

森林浴とは、文字通り、森の中でお風呂に浸(つ)かることではありません。

 

この場合の「」には、新しい意味が込められています。

 

つまり、森林浴とは、自然環境身を浸(ひた)すこと、という意味になります。

 

 

このコンセプトは、日本森林浴森林療法)に由来し、その歴史は1982年にまで遡ります。

 

(訳注:森林浴は、1982年に、当時の林野庁によって提唱されました。)

 

30年以上が過ぎても尚、森林浴目指している目標は、自然の癒しの力を人々にもう一度ご紹介することです。

 

多くの研究活動専門機関によるリサーチは、日本人が長い間信じてきたこと正しかった確証しました。

 

そして、自然は、さまざまな方法で、ウェルビーイング、つまり、幸せで健康な状態をもたらすのです。

 

 

f:id:beingart:20190504002951j:plain


 

米国では、特に首都圏で、森林浴人気が高まっています。

 

セラピー的なハイキング自然散策総合して、個人家族、そして、友人同士で、に連れて行ったりします。

 

しかし、ウェルビーイング、つまり、心身の健康改善するためにアウトドア体験で成し得ることは、森林浴だけではありません

 

 

自然の恩恵受け取ることができる方法はたくさんあります。

 

言うまでもなく、それにはまず、手始めに携帯電話を置くこと、そして、アウトドアで経験することから始まる、ということを、あなたならもう既におわかりでしょう。

 

 

あなたとご家族の健康を改善するために、野外で過ごすことがなぜ重要なのか、その10の理由がここにあります。

 

今から、それを一緒に見ていきましょう。

 

 

1. ストレス解消

 

f:id:beingart:20190504160746j:plain

 

外に出ることで、仕事や学校のストレスから解放されやすくなります。

 

ストレス健康的な心免疫システムボロボロにしてしまいます

 

職場や学校での高いレベルストレスは、うつ病肥満高血圧と関係しています。

 

ストレス管理うまく機能していない場合、それは不健康を引き起こします。

 

しかし、幸いなことに、近くの裏庭に行けば、あなたはすぐにストレス解消することができます。

 

 

自然の中で時間を過ごすことによって、10代の若者成人も、ストレス軽減されます。

 

外で過ごした時間が長いほど、ストレスホルモンコルチゾール血流レベル低下します。

 

そして、学生たちは原野でのリトリートから戻った後も、これらの低いコルチゾールレベルを、数日間維持することができました。

 

 

この結果は、定期的な野外での旅行が、ストレス管理確かな方法であることを示唆しています。

 

自然の中での経験は、少ない費用で誰でも実践することができます。

 

次の長い週末には、都会から離れてをして、自然の中で過ごす時間選択してみましょう。

 

きっと、ストレスによる負担が減り、元気を取り戻すでしょう。

 

 

専門家からのアドバイス:

 

自然植物と接することは、より充実した仕事の満足度高めるためのサポートになります。

 

窓が見える席にいるオフィスワーカーは、仕事に対する満足度高くストレスが少なくなります

 

 

 

2. 免疫の強化

 

f:id:beingart:20190504170644j:plain

 

室内で過ごしていると、あなたの免疫の健康悪影響を及ぼす可能性があります。

 

免疫システムは、定期的な負荷が掛かる時に最もよく働きます。

 

しかし、屋内で時間を過ごしても、それは起こりません。

 

参考記事:THE IMMUNE SYSTEM: YOUR BODY’S GUARDS

 

 

自然健康的にふれあうことは、あなたの身体に負荷を掛けて免疫抵抗するための準備をするのに役立ちます。

 

その仕組みは次のとおりです。

 

 

2010年に発表された研究では、免疫機能に対する森林浴の効果を評価しました。

 

森林3日間旅行をした日本人成人グループでは、彼らの血中白血球増加していることがわかりました。

 

白血球のこれらのレベルは、での冒険の後30日間以上上昇し続けました

 

白血球は、あなたの免疫システムにとって非常に重要です。

 

 

白血球は、抗体の助けを借りて、病原体有害な侵入者認識し、身体が細菌と闘えるようサポートします。

 

自然旅することによる免疫力の向上は、あなたが健康だと感じ続けるのに役立ちます。

 

活動的な大人成長期の子供たちにとって、免疫力の向上健康的なライフスタイルにおける貴重な資産です。

 

定期的野外して、本来生まれながら持っている自然な殺菌力強化しましょう。

 

参考記事:REGULAR EXERCISE IS ASSOCIATED WITH HEALTHY IMMUNE FUNCTION

 

 

3. 注意力の向上

 

f:id:beingart:20190516222125j:plain

 

一般集団において、自然環境に晒されると注意力がほぼ一様に高められることが、研究で明らかになっています。

 

2009年に発表されたある研究では、注意欠陥のある子供たちにも同じことが当てはまることがわかりました。

 

その研究によると、近くの公園を歩いて20分間過ごすだけで、ADHD子供たち注意力が高まりました

 

このいわゆる「自然線量」、つまり、自然環境に暴露されることが、子供たちの注意力不足に対するより自然な解決策であるという証明になるかもしれません。

 

 

大人注意力でも同じ効果が見られます。

 

オフィスのから自然の景色を眺めたり、屋外仕事の休憩を取ることで、生産性集中力高めることが証明されています。

 

 

フォーカス力創造性大幅な向上のために、より長期間滞在してみましょう。

 

創造的問題解決認知機能は、アウトドアでの冒険数日間費やした後で、ほぼ50パーセント向上する可能性があります。

 

原生自然リトリートとして滞在することは、人生の大きな課題個人的な目標取り組むために役立つかもしれません。

 

外で過ごすことがなぜそれほどまでに重要なのか、もしも疑問に思っているならば、ぜひ、自然の中で過ごしてみてください

 

きっと、その体験は、あなたの創造性を高めてくれることでしょう。

 

 

4. 健康的な食材を育てるのに役立つ

 

f:id:beingart:20190516225207j:plain

 

に出るための趣味をお探しですか?

 

ガーデニングは、屋外で過ごす時間を増やしたい方に最適な方法です。

 

それは外で過ごす時間確保するだけでなく、ヘルシー果物野菜収穫する機会定期的提供します

 

 

屋外でのレクリエーションは、長い間、健康的なライフスタイル関連づけられてきました。

 

しかし、そればかりではありません。

 

ガーデニングはまた、その作業によって収穫されたものが健康的な食材になるという意味において、

自然からの贈り物が得られますし、同時に、身体を動かす機会にもなります。

 

ガーデニング健康については、以下の記事が参考になります。

 

参考記事:GROWING HEALTH IN THE GARDEN

 

 

5. 心を落ち着かせる

 

f:id:beingart:20190520183114j:plain

 

不安うつ病は、無力にしてしまうことがあります。

 

精神疾患対処することは困難であり、その方法人によって異なります

 

ほとんどの医師セラピストは、治療に加えて定期的運動するようお勧めします

 

医師が勧める屋外での運動をすることは、気分改善しながら、感情的精神的苦痛和らげるのに役立ちます。

 

 

私たちの身体自然界で過ごす必要があるのは、いくつかの身体的反応があるからです。

 

屋外に出て、自然の中で座ると、血圧下がり心拍数下がりコルチゾール値下がる可能性があります。

 

外で過ごすことで、身体ゆったりし、平和落ち着いた気持ちになります。

 

 

同じように、マインド)にも作用します。

 

外で過ごすことで、気分が良くなり不安感軽減します。

 

自然の中で集中することができ、集中力向上することでストレス不安感情対処しやすくなります。

 

また、散歩して過ごしたは、より健康的な恩恵を受け取ることができます。

 

 

平和な心、そして、精神的クリアー明晰であること。

 

これが、外で過ごすこと重要である理由になります。

 

あなたのメンタル・ヘルスケア対策に、自然の中で過ごす時間を付け加えてみるのも良いでしょう。

 

 

6. 体重管理に役立つ

 

f:id:beingart:20190520184149j:plain

 

自然は、美しい景色を見るチャンスを与え、新鮮な空気を吸い込む機会を提供してくれます。

 

なので、屋外に出て行えるような運動管理選択してみると良いでしょう。

 

米国疾病管理予防センターCDC, The Center for Disease Control and Prevention調査によると、アメリカ人成人3分の1以上肥満であることがわかっています。

 

 

運動適切な食事は、肥満の拡大予防するための最も効果的な2つの方法です。

 

公園散歩すると30分ごとに149カロリー、自転車に乗ると30分ごとに372カロリーを、消費することができます。

 

子供たち運動することを奨励するために、家族体験することのできる楽しい野外活動を見つけてみましょう。

 

たとえば、ウォーキングサイクリングランニングなど、外で遊ぶ時間を増やして、肥満のリスク減らしましょう

 

参考記事:LIFESTYLE VS. MEDICATION: WHICH IS MORE POWERFUL FOR MAINTAINING A HEALTHY WEIGHT?

 

 

ジムで運動するのもいいのですが、できれば運動をするようにして、自然がもたらすすべての健康上の利点を楽しんでみてください。

 

 

7. 短期記憶が良くなる

 

f:id:beingart:20190520190110j:plain

 

自然の中で過ごすことは、たとえば、誰かの名前を覚えていることだったり、自分の鍵を忘れずに持つことや、そして、授業でより良いメモを取れる取れる答えになるかもしれません。

 

短期記憶作業記憶の両方が、外で過ごした時間によって改善できるという科学的実証が増えてきています。

 

 

ミシガン大学では、この理論を裏付ける簡単な実験が行われました。

 

2つのグループの生徒は、記憶力テストを受けた後、庭園または都市部の道路散歩するよう割り当てられました。

 

散歩の後参加者は再び記憶力テストを受けました。

 

庭園を散歩した人たちは、得点20パーセント改善しました。

 

一方で、市内の道路を歩いた参加者には、一貫した改善は見られませんでした

 

 

自然の景色庭園の景色は、私たちの落ち着かせ集中力高めるのに役立ちます。

 

 

都会の環境は、交通量街の騒音街灯、そして、たくさんの人々で溢れています。

 

こうした雑踏にいると、さまざまな物事注意が向きます。

 

そして、集中力低下し、今、自分が学んだこと思い出すことさえも難しくなります

 

 

なので、平穏自然な環境の中で新しい情報熟考することは、あなたの短期記憶高めるために役立つかもしれません。

 

参考記事(英語版):FOOD FOR THOUGHT—NUTRIENTS FOR BRAIN HEALTH

参考記事(日本語訳):脳の健康 食べ物と思考とエピジェネティクスな秘密


 

8. 視力の向上 

 

f:id:beingart:20190520194037j:plain

 

外で過ごすこと重要である理由が、もう一つあります。

 

それは、視力についてです。

 

オーストラリア学校に通う子供たち対象とした研究では、外で過ごした時間より良い視力関連性があることがわかりました。

 

研究追跡調査した2,000人子供たちのうち、外で遊ぶ時間が多かった子供たちは、近視になる危険性大幅に減らしました

 

これは、野外活動子供の目保護する効果があることを示唆しています。

 

 

室内でスポーツをして時間を過ごした子供たちには、同様の効果が観察されなかったので、これらの結果驚くべきものです。

 

新鮮な空気日光を浴びることのできる屋外で過ごす体験は、室内での同等の身体活動以上成長期の目保護します。

 

 

薄暗い室内の照明は、若い世代にとっては画像に焦点を合わせるのを困難にします。

 

これにより、凝視したり目を細めたりしながら画像を頑張って見ようとする原因になります。

 

屋外の十分な光は、子供の目必要以上に頑張って働くのを防ぎます

 

なので、子供遊ぶ時間運動を奨励するときは、外で楽しく遊びながら、子供の目の健康が保たれるようにしてあげると良いでしょう。

 

 

9. 自然体験不足障害(自然欠乏症候群)の予防

 

f:id:beingart:20190520201036j:plain

 

私たちはこれまで以上に多くの時間を室内で過ごしています。

 

コンピュータ、タブレット、携帯電話、そして、スマホアプリのゲームなどは、私達の注意力を消耗させ、自然の中で過ごす時間の大切さを忘れさせてしまいます。

 

これは、とくに子供たちにとっては体に悪いものです。

 

 

外で遊ぶことは、子供創造性を促し、注意力の及ぶ時間を築き、探求したいという好奇心欲求を高めます。

 

たとえば、ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、

リチャード・ルーブは、彼の著書 『あなたの子どもには自然が足りない(早川書房/春日井昌子・訳、原書:Richard Louv, “Last Child in the Woods: Saving Our Children from Nature-Deficit Disorder”)の中で、

子供成長期におけるパターンを解説しています。

 

f:id:beingart:20190520211004j:plain

 

ルーブは、子供たち室内で過ごす時間長すぎる何が起こるかを説明するために、自然体験不足障害(nature-deficit disorder)という用語を作りました。

 

 

また、近の調査結果によると、818歳子供たちは、毎日6時間以上電子メディアを使っています。

 

2002年に発表された研究では、8歳子供たちは、近所植物動物よりも、むしろ、ポケモンのキャラクターを識別できる、と発表しました。

 

子供たち外で過ごす時間が少なくなるにつれて、不健康な習慣が形成されてしまいます。 

 

外で過ごす時間が少ない子供は、慢性的健康問題発症する危険性があります。

 

糖尿病高血圧肥満、そして、うつ病は、座りっぱなし室内生活にありがちな症状です。

 

あなたの子供家族が、健康的な習慣を身につけることができるよう、電子機器を脇に置いて外で遊べるよう元気づけてあげましょう。

 

 

10. 寿命を伸ばす

 

f:id:beingart:20190520210331j:plain

 

2015年の調査では、108,630人アメリカ人女性対象に、自然長寿関係を調べました。

 

公園芝生樹木、そして、森林近くに住んでいた女性は、自然から遠く離れて住んでいる女性よりも、死亡率かなり低いことがわかりました。

 

この結果は、都市部農村設定関係なく死亡率の低さは保たれました。

 

 

植生近くでの生活に関連した長寿命は、いくつかの要因によって引き起こされる可能性があります。

 

大気質寿命を延ばすことが知られており、植生密集している地域ではより長寿になる傾向があります。

 

公園自然遊歩道の近くにいると、散歩ジョギングなどで、より頻繁身体動かしやすく、結果的に運動促進されるため、心臓の健康維持するのに役立ちます。

 

外で時間を過ごすことで、たとえばストレス解消され、人付き合い穏やかになったり、野外で出会う人々つながり合う機会ができたりします。

 

その結果、社会との関わり合いが増えるため、メンタルヘルス、つまり、精神的な問題を改善することができるようになります。

 

 

正確な原因が何であれ、屋外に出ることは、あなたがより幸せでより長く生きるのに役立つでしょう。

 

そして、これが外で過ごすことが重要である最終的な理由になります。

 

なので、もしもこれから住む場所を決めるときは、あなたと家族が定期的自然アクセスできる場所を選ぶようにしましょう。

 

 

健康になろう、アウトドア体験を楽しもう!

 

f:id:beingart:20190520223108j:plain

 

さあ、今日は、思い切ってで過ごして、アウトドア体験健康上の利点活用する時間を見つけてみましょう。

 

たとえば、スマホやパソコンを使用して過ごした時間をサイクリングに充ててみたり、地元の公園まで散歩してみるのはいかがでしょうか。

 

または、新しい趣味として、森林浴園芸を始めてみるのも良いかもしれません。

 

そして、アウトドア・レクリエーションは、一人で楽しむこともできますし、家族と一緒に楽しむこともできるということを、どうか忘れないようにしましょう。

 

外で過ごす方法に間違った方法はありません。

 

自然の世界探索することによって得られるものは、今回ご紹介したものだけではありません。

 

今回、この記事をお読みいただいたあなたなら、なぜ外で過ごすことが重要なのか、もうお分かりのはずです。

 

 

さあ、自然ともう一度つながり直す時が来ました。

 

あなたの身体は、やがて自然との再接続がもたらす恩恵を感じるようになるでしょう。

 

 

f:id:beingart:20190504002539j:plain

 

 

出典:Ask the Scientists
10 REASONS WHY BEING OUTSIDE IS IMPORTANT

askthescientists.com

 

 

原文の著者について

 

シドニー・スプラウス氏 (Sydney Sprouse)は、オレゴン州フォレストグローブ在住のフリーランスのサイエンス・ライターです。

彼女は、ユタ州立大学(Utah State University)の人間生物学の学士号を取得し、学部の研究者および執筆者として働いていました。

シドニー氏は、生涯に渡って科学の学習者であり、現代の科学研究をできる限り効果的に解説することを目標としています。

彼女は、人間生物学、健康学、栄養学に関心を持って執筆しています。

 

 

 

 

※読みやすい日本語文にするために、科学記事の翻訳に際して許容範囲内で加筆または付記させていただいた箇所があります。原文につきましては出典の英文記事をご覧ください。 

 

*このウェブサイトに掲載しているUSANA関連情報は、ユサナ・ヘルス・サイエンス・ジャパン合同会社 (USANA Health Sciences Japan LLC)の承諾を得て掲載しています。 

 

  

f:id:beingart:20190516214647j:plain

*このウェブサイトに掲載しているUSANA関連情報は、ユサナ・ヘルス・サイエンス・ジャパン合同会社 (USANA Health Sciences Japan LLC)の承諾を得て掲載しています。