トゥルー・ヘルス・ジャーナル True Health Journal

True Health Journal

トゥルー・ヘルス・ジャーナル

サプリメントガイドブックNo.1 栄養補助食品比較ガイド第6版とは

f:id:beingart:20190123103949j:plain

 

 

@USANA - THE HEALTHIEST FAMILY ON EARTH

 

国際的に信用度の高いサプリメントガイドブック、栄養補助食品比較ガイド第6版(英語版)を読み解くために把握しておきたいポイントをまとめてみました。

 

 

 

  

❶ 栄養補助食品比較ガイド第6版とは

 

f:id:beingart:20190123103949j:plain

 

栄養補助食品比較ガイドとは、

人間が生命を維持するために必要な栄養素であるビタミンミネラル栄養補給に関する科学的な調査を行っているカナダ企業:ニュートリサーチ社 (NutriSearch Corporation) が、隔年で出版している書籍です。(日本語版の出版は未定)

 

2017年発刊された栄養補助食品比較ガイド第6版では、

全米で流通している1600種製品調査し、その結果をもとにランキングを行い、公表しています。

 

栄養補助食品比較ガイド第6版前半は、ページの半数以上を割いて最新細胞栄養に関する科学情報が記載されています。

 

そのため、栄養補助食品比較ガイド第6版は、単なるサプリメント・ガイドブックではなく、真の健康維持に必要な栄養補給に関する科学的実証に基づいた学術書の要素も兼ね備えていると言えるでしょう。

 

 

❷ 著者について

 

f:id:beingart:20190209131755j:plain

 

著者のライル・マクウィリアム氏は、教育者生化学者です。

 

彼は、カナダ元・国会議員であり、ブリティッシュ・コロンビア州立法議会議員でもありました。

 

ライル・マクウィリアム氏は、カナダ保健省大臣要請を受けて、

ナチュラル・ヘルス製品のための新しい規制枠組み開発を作るための専門設問チームの一員として

カナダの人々が安全効果的質の高い栄養補助食品入手できるよう務めました。

 

 

❸ 栄養補助食品比較ガイドで何がわかるのか

 

5つ 5段階評価

 

◉ 栄養補助食品製品 5つ星評価一覧 – ニュートリサーチ社 (Product Ratings)

f:id:beingart:20180227043109j:plain

 

栄養補助食品比較ガイド第6版では、上記の図のように、市場流通しているマルチビタミン・ミネラル含有サプリメント栄養補助食品)を1つ星から5つ星までの5段階評価をしています。

 

 

メダル格付け評価として授けられる6種類のグレード

 

5段階評価に基づいて、ニュートリサーチ社は、優秀な製造メーカーに対して、第1位から第6位まで、メダル格付け評価 を授けています。  

f:id:beingart:20180227084859j:plain

  1. プラチナ+(プラチナ・プラス)
  2. プラチナ
  3. ダイアモンド
  4. ゴールド
  5. シルバー
  6. ブロンズ

 

つまり、このランキングを見ることで、どのブランドの栄養製品が最も品質が良いかを、読者は選びやすくなります。

 

 

❹ 栄養補助食品比較ガイドの基準とは

 

優良なサプリメント製造メーカーである証しとしてメダル格付け評価を獲得するためには、以下の2つ基準に照らし合わせて、高い評価を獲得しなければなりません。

 

 

基準1:ブレンド・スタンダード評価基準

 

ブレンド・スタンダード評価基準は、以下の2点を総合して評価した基準になります。

 

A:12の権威専門機関専門家)が公表している栄養素の一日あたりの推奨摂取量に関する基本データ

 

B:最新の科学的知見

 

AB=ブレンド・スタンダード評価基準

 

 

12の権威とは

 

栄養補助食品比較ガイド初版本が発刊された当時は、

長期的な健康維持に重要な栄養摂取に関する研究を行っている12の独立した権威専門家および専門機関)が推奨する栄養摂取量集計に基づいていました。

(現在では、12の権威のデータと最新の科学的知見に基づいた配合評価基準で調査しています。)

 

1)ロバート・アトキンス氏(Robert Atkins, MD)
ニューヨークのアトキンス・コンプリメンタリー・メディスンの創設者、医療ディレクター。

 

2)故:フィリス・バルチ氏(Phyllis Balch, CNC, -2004)
栄養補助療法の専門家、栄養コンサルタント。彼女は、米国医学協会と米国外科医師会のジャメス・バルチ博士Dr James Balch) と共著を執筆している。

 

3)ミッシェル・コールガン博士(Michael Colgan, PhD, CCN)
老化予防、スポーツ栄養、および、ホルモンの健康に関するベストセラー作家。アメリカ国立老化研究所を始め、米国政府、カナダ政府、ニュージーランド政府ならびに多くの企業のコンサルタントを担当。米国スポーツ医科大学、英国栄養医学会、国際栄養士協会、米国栄養学会。

 

4)テリー・グロスマン医学博士(Terry Grossman, MD)とレイ・クルツウェル氏(Ray Kurzweil)
「ファンタスティック・ボヤージ」(Fantastic Voyage: Live Long Enough to Live Forever/Plume; Reprint)の共著者。

テリー・グロスマン医学博士は、コロラド州デンバーのフロンティア・メディカル・インスティテュートの創設者。

レイ・クルツウェル氏は、世界で有数の発明家と呼ばれた未来派思想家の一人。ウォールストリートジャーナルでは「落ち着きのない天才」、フォーブスでは「究極の思考マシーン」と評された。

 

5)ジャン・ハイドン博士(Jane Higdon, PhD)
認定家族看護師。看護学の修士号、運動生理学の修士号、栄養学の博士号を取得。

 

6)フィリップ・リー・ミラー医学博士(Philip Lee Miller, MD)とライフ・エクステンション・ファウンデーション(Life Extension Foundation)

 

7)アール・ミンデル氏(Earl Mindell, RPh, MH)
予防医学、ホメオパシー栄養学に関する提唱者、作家、栄養士。

 

8)マイケル・マレー氏(Michael Murray, ND )
健康食品業界のコンサルタント、自然医学百科事典と栄養補助食品百科事典の監修者。

 

9)リチャード・パスウォーター博士(Richard Passwater, PhD)
医薬品、分光フォトルミネッセンス、分析化学の開発に関する研究者。

 

10)ニコラス・ペリコン医学博士(Nicholas Perricone, MD)
エール大学医学部の皮膚科学准教授、臨床検査学研究者。ニューヨーク科学アカデミー、米国栄養学院、米国皮膚科学会、調査皮膚学学会に所属。

 

11)レイ・ストランド医学博士(Ray Strand, MD)
過去40年間にわたって家族医療を実践、20年間栄養医学に関わる。

 

12)ジュリアン・ホイティッカー医学博士(Julian Whitaker, MD)
「ホイティッカー医学博士の自然治癒ガイド」の著者。

 

 

基準2:16項目のヘルス・サポート判定基準

 

栄養補助食品の品質について、数学的アルゴリズムに基づく計算によって評価レート判定するための基準です。

 

その評価レートを決めるために、16項目の判定基準が設けられています。

 

 

栄養補助食品比較ガイド第六版(2017年発刊・最新バージョン)

16項目のヘルス・サポート判定基準 (16 Health Support criteria)(※3)

 

1. 完全性 (Completeness)

2. 有効性 (Potency)

3. ビタミンE (Vitamin E Forms)

4. 免疫サポート(改訂) (Immune Support (Revised)

5. 骨の健康状態(改訂)(Bone Health (Revised)

6. 心臓の健康状態(改訂)(Heart Health (Revised)

7. 肝臓の健康状態(解毒)(Liver Health (detoxification)

8. 代謝の健康状態(グルコース・コントロール) (Metabolic Health (glucose control)

9. ヘルス・エイジング・サポート(新規) (Healthy Aging Support (New)

 ・ポリフェノール

 ・レスベラトロール

 ・エピガロカテキン (EGCG)

 ・シリビニン(シリマリン の主要成分)

 ・ケルセチン

 ・クルクミン

 ・その他の栄養素(αリポ酸、セレン、ビタミンD3、N-アセチルシステイン)

10. メチル化のサポート (Methylation Support)

11. 脂肪性因子 (Lipotropic Factors)

12. 炎症抑制 (Inflammation Control)

13. 糖質制限 (Glycation Control)

14. 正常な寿命と健康に必要不可欠な栄養成分(新規) (LifeSpan Essentials (New)

 ・ポリフェノールの一日分の摂取量設定

 ・他のNrf2活性化栄養素、αリポ酸

 ・ビタミンD

 ・ビタミンE

 ・N-アセチルシステイン

 ・スルフォラファン(ブロッコリー抽出物)

15. 一般的な抗酸化物質の側面 (新規)(Common Antioxidant Profile (New)

(食物性抗酸化物質(外因性抗酸化物質)の高用量補給(多量摂取)によって引き起こされる弊害に関するデータ)

16. 毒性の可能性 (Potential Toxicities)

 

 

 

❺ メダル格付け評価の基準

 

  • ブレンド・スタンダード評価基準
  • 16項目のヘルス・サポート判定基準

 

この2つの基準に加えて、さらに次のチェック項目をクリアしているかどうかによって、最終的なメダル格付け評価が行われます。

  

  • NSF医薬品優良製造規範GMP基準
  • 米国薬局方USP崩壊試験合格
  • コンシュマー・ラボ認定
  • LGC認証
  • FDA米国食品医薬品局):医薬品GMP基準
  • カナダ保健省ヘルス・カナダ医薬品GMP基準
  • オーストラリア豪州保健省薬品医薬品行政局TGA認証

製造要件を満たしているかどうか。

 

また、上記の登録に関する

  • 公証済み証書複写提出
  • 証書複写・書類に関する監査

をクリアできるかどうか。

 

さらに、プラチナ・プラスメダル獲得には、

  • 医薬品製造施設認定
  • 医薬品試験施設認定

両方登録されている必要があります。

 

 

❻  栄養補助食品比較ガイド第6版でNo.1評価のサプリメントは?

 

第1位 プラチナ・プラスは USANAのセルセンシャル

 

f:id:beingart:20180227084710j:plain

  

 

栄養補助食品比較ガイド第6版で公表しているデータによると、1600品目の総合ビタミン・ミネラル・サプリメントを調査した結果、第1位ユサナ・ヘルス・サイエンス社セルセンシャルでした。

 

f:id:beingart:20190201161745j:plain

ユサナ・ヘルス・サイエンス社 セルセンシャル

  

USANA製品一覧

 

  

栄養補助食品比較ガイド第6版NutriSearch Comparative Nutritional Supplements™ 6th Edition)は、インターネットの書店で入手可能です。(日本語版の出版は未定)

 

ご興味がおありでしたら、実際に書籍をお手にとって、お読みいただくと宜しいかもしれません。

 

 

今回の記事が、皆様にとって何か一つでもお役に立てるのであれば幸いです。

 

f:id:beingart:20190217211105j:plain

 

 

食生活は、主食主菜副菜を基本に、食事のバランスを大切に・・・!

 

今日も素敵な一日を。

 

 


*The Comparative Guide is written by Lyle MacWilliam and is not a USANA publication. Any questions regarding its content should be directed to Mr. MacWilliam. His website should provide contact information: https://www.nutrisearch.ca

* 栄養補助食品比較ガイドはライル・マクウィリアム氏によって書かれた書籍であり、USANAによって出版されたものではございません。この書籍に関するご質問は、https://www.nutrisearch.ca のサイトをご覧のうえ、直接お問い合わせいただきますようお願い致します。

 

 

 

関連記事:

truehealthjournal.hateblo.jp

 

 

 

 

f:id:beingart:20190120111017j:plain

 

ニュートリショナル製品一覧

 

*ユサナは、最高品質の製品を製造し、その内容成分量を保証しています。ご自身やご家族の皆様に正規品をご利用いただくため、ユサナ製品は、ユサナアソシエイトまたはUSANA.com からご購入いただきますよう、お願い申し上げます。

*本品は、特定保健用食品と異なり、消費者庁長官による個別審査を受けたものではありません。

*この文章は食品医薬品局(FDA)の評価を受けておりません。この製品は疾病の診断、治療、治癒、予防を目的としたものではありません。

 

  

f:id:beingart:20190205224249j:plain

*このウェブサイトに掲載しているUSANA関連情報は、ユサナ・ヘルス・サイエンス・ジャパン合同会社 (USANA Health Sciences Japan LLC)の承諾を得て掲載しています。