トゥルー・ヘルス・ジャーナル True Health Journal

True Health Journal

トゥルー・ヘルス・ジャーナル

コエンザイムQ10とαリポ酸がミトコンドリアとグルタチオンの機能をサポート

 

f:id:beingart:20190209223403j:plain

 

 

人体のすべての細胞の中に、ミトコンドリアが存在しています。

 

ミトコンドリアは、一個の細胞の中にたくさん存在しており、生命維持に必要なエネルギーを作り出しています。

 

 

f:id:beingart:20190209231129j:plain

 

f:id:beingart:20190209231207j:plain

 

 

このミトコンドリアの機能に欠かせないのが、コエンザイムQ10です。

 

コエンザイムは、ユビキノンと呼ばれる分子のカテゴリーに存在し、主にミトコンドリア内膜の中に存在しています。

 

ミトコンドリアのエネルギー産生は、同時に副産物としてフリーラジカルを発生させます。

 

このフリーラジカルに対抗できるのは、同じく人体のすべての細胞の中で作り出される内因性抗酸化物質のグルタチオン(GSH)です。

 

今回のAsk the Scientistsの記事では、細胞のエネルギー産生と抗酸化という健康的なエネルギー代謝にαリポ酸とコエンザイムQ10の栄養素がどのように関連しているか、その研究結果をレポートします。

 

 

 

 

αリポ酸とCOQ10の主な健康エネルギー代謝、ストレス応答、および抗酸化防御の組み合わせ

 

@USANA - THE HEALTHIEST FAMILY ON EARTH

 

出典:Ask the Scientists
COMBINATION OF LIPOIC ACID AND COQ10 MAINTAIN HEALTHY ENERGY METABOLISM, STRESS RESPONSE, AND ANTIOXIDANT DEFENSES

 


骨格筋の機能は、完全なエネルギー代謝ストレス応答抗酸化物質のメカニズムに大きく関与しています。

 

 

f:id:beingart:20190209225336j:plain

 

 

f:id:beingart:20190209234605j:plain

 

 

コエンザイムQ10CoQ10)は、ミトコンドリア内膜電子伝達系に不可欠な作用を持っています。

 

それは、細胞の呼吸ミトコンドリアエネルギー産生ATPアデノシン三リン酸生合成)に関わっています。

 

コエンザイムQ10は、重要な抗酸化物質としても知られています。

 

 

そして、αリポ酸は、ミトコンドリアの内部で合成され、ミトコンドリアの機能において必要な役割を果たします。

 

αリポ酸コエンザイムQ10は、単独では機能しない可能性がありますが、筋繊維におけるコエンザイムQ10αリポ酸(ALA)の相乗作用は充分には証明されていません

 

 

研究者らは、エネルギー代謝マスタースイッチ(PPARγ-コアクチベーターα(PGC1α))、グルタチオン関連の第II相酵素グルタチオンGSH還元型グルタチオン)の発現に対する、αリポ酸(ALA)とコエンザイムQ10(CoQ10)の併用補給の効果として、細胞培養中の量を分析しました。

  

これらの栄養素の組み合わせは、エネルギー代謝ミトコンドリア生合成マスタースイッチであるPGC1αを有意に増加させました。

 

この組み合わせはまた、ストレス応答グルタチオン合成および再利用に関連した遺伝子発現増加させました。

 

グルタチオン増加は、Nrf2タンパク質増加を伴いました。

 

 

PGC1α活性化は、主なエネルギー源としてのミトコンドリアによるATP産生増加酸化的代謝に依存する遅筋線維のより大きな発現をもたらします。

 

身体運動PGC1α活性増加させ、加齢骨格筋におけるPGC1α発現減少に関連しています。

 

PGC1α減少ミトコンドリア機能損ない、それが酸化ストレス増加させ、そして、内因性抗酸化物質であるグルタチオン枯渇させてしまいます。

 

この研究は、αリポ酸CoQ10併用補給が、エネルギー恒常性ストレス応答、そして、抗酸化防御機能改善する可能性があることを示唆しています。

 

 

◉ 出典: Ask the Scientists

askthescientists.com

 

◉ リファレンス

Wagner AE, Ernst IM, Birringer M, Sancak O, Barella L, Rimbach G. A combination of lipoic acid plus coenzyme Q10 induces PGC1α, a master switch of energy metabolism, improves stress response, and increases cellular glutathione levels in cultured C2C12 skeletal muscle cells. Oxid Med Cell Longev. 2012.

  

*These statements have not been evaluated by the Food & Drug Administration. This product is not intended to diagnose, treat, cure, or prevent any disease.

*本記事の記述内容は、FDA(米国食品医薬品)からの評価を受けたものではありません。この製品は、病気の診断、治療、治癒、予防を目的としたものではありません。

 

※読みやすい日本語文にするために、科学記事の翻訳に際して許容範囲内で加筆または付記させていただいた箇所があります。原文につきましては上記の英文記事をご覧ください。

 

 


  

翻訳に添えて:αリポ酸とコエンザイムQ10の併用補給に加えて、運動を心掛けることが大切

 

今回のレポートでは、αリポ酸とコエンザイムQ10を一緒に摂取することで、グルタチオンによるエネルギー代謝とミトコンドリアのエネルギー産生に役立つことが明らかになりました。

 

コエンザイムQ10は、体内で合成され、細胞のエネルギー産生をサポートする補酵素です。


特に心臓に多く存在することから、不足してしまうと動悸や息切れといった心臓機能に影響が出やすいと言われています。

 

 

しかし、残念ながら、コエンザイムQ10の体内合成量は、年齢とともに減少します。

 

けれども、細胞が必要としているコエンザイムQ10の量は、年齢に関わらず、ほぼ同じなのです。

 


日本では、約30年間、コエンザイムQ10を医薬品として使ってきました。


そして、2001年に、コエンザイムQ10は医療品から食品に移行され、サプリメントとして販売されるようになりました。

 

私たち人間の身体は、何十兆個もの細胞で構成され、その細胞すべてにコエンザイムQ10が存在しています。

 

体温を正常に保ち、身体を動かすことができるのは、細胞内のミトコンドリアでエネルギーが作り出されているからです。

 

コエンザイムQ10は、このミトコンドリアの働きをサポートする重要な役割を担っています。

 

コエンザイムQ10がなければ、私たちの体は正しく機能せず、生き続けることができません。

 

充分な量のコエンザイムQ10が体内に存在していることで、細胞は健康を維持し、全身にエネルギーをどんどん供給できるようになります。

 

コエンザイムQ10とαリポ酸の栄養補給に加えて、適切な運動も心掛けることによって、ストレス応答やエネルギー代謝、細胞の保護力を高める抗酸化作用の向上につながります。

 

ぜひ、日頃から、少しずつでも良いので、身体を適度に動かし、栄養もしっかり摂って、健康維持を楽しんでいきましょうね。

 

あなたの真の健康を祈っています。

 

 

  

 

f:id:beingart:20190120111017j:plain

 

ニュートリショナル製品

  

*ユサナは、最高品質の製品を製造し、その内容成分量を保証しています。ご自身やご家族の皆様に正規品をご利用いただくため、ユサナ製品は、ユサナアソシエイトまたはUSANA.com からご購入いただきますよう、お願い申し上げます。

*本品は、特定保健用食品と異なり、消費者庁長官による個別審査を受けたものではありません。

*本記事の記述内容は、FDA(米国食品医薬品)からの評価を受けたものではありません。この製品は、病気の診断、治療、治癒、予防を目的としたものではありません。

 

 

 

f:id:beingart:20190209233523j:plain

f:id:beingart:20190205224249j:plain

*このウェブサイトに掲載しているUSANA関連情報は、ユサナ・ヘルス・サイエンス・ジャパン合同会社 (USANA Health Sciences Japan LLC)の承諾を得て掲載しています。