トゥルー・ヘルス・ジャーナル True Health Journal

True Health Journal

トゥルー・ヘルス・ジャーナル

抗酸化物質とフリーラジカル 

 

f:id:beingart:20190207172219j:plain

 

 

@USANA - THE HEALTHIEST FAMILY ON EARTH

 

出典:Ask the Scientists
USE ANTIOXIDANTS TO PROTECT YOURSELF FROM FREE RADICAL DAMAGE

 

 

 

あなたの身体は、非常に多くの異なる種類分子で構成されています。

 

それらすべてがそれぞれの役割を果たします。

 

 

しかし抗酸化物質は際立っています。

 

抗酸化物質フリーラジカル還元する分子です。

 

そのままにしておくと、フリーラジカル細胞膜DNAなどに損傷を与える可能性があります。

 

フリーラジカルによる酸化ダメージは、突然変異機能障害、さらには細胞死につながる可能性があります。

 

こうしたフリーラジカルによる潜在的なダメージを最小限に抑えるために、あなたの身体抗酸化物質による防御システムを利用しています。

 

  

フリーラジカルはどこから来るのか? 

 

フリーラジカルによる酸化ダメージ完全回避することは不可能です。

 

なぜなら、あなたの身体の内側内因性)と外側外因性)がフリーラジカル発生源になるからです。

 

 

通常の呼吸代謝、および炎症結果として、体内のプロセスから発生する酸化物質が形成されます。

 

これが、内因性フリーラジカルです。

 

 

外因性フリーラジカルは、汚染日光激しい運動喫煙アルコールなどの環境要因から発生します。

 

残念ながら、抗酸化システムは完璧ではありません。

そのため、酸化によってダメージを受けた細胞DNAは、年齢を重ねるごとに蓄積します。

 

健康的な食事ライフスタイルが、この酸化ダメージ最小限に抑えるのに役立ちます。

 

 

抗酸化物質は電子供与体

 

抗酸化物質ユニークな分子です。

 

それらの化学構造により、彼らはフリーラジカル還元するという彼らの主な仕事をすることができます。

 

 

抗酸化物質は、電子供給することができる分子です。

 

フリーラジカル不対電子であるため、フリーラジカルは非常に反応性が高いので、抗酸化物質電子供与体であることが重要になります。

 

 

電子ついペア)になりたいのです。

 

2個1対ペアになることができなかった場合、不対電子を持つこうした不安定な分子は、その問題を解決するためにベストを尽くそうとします。

 

つまりこれが、細胞酸化的ダメージを引き起こす原因となる反応になり得るということです。

 

抗酸化物質は、電子供給するか、または電子失うことで、フリーラジカル安定分子に変換します。

 

しかし、抗酸化物質それ自体は、酸化しません

 

すべての電子ついペア)になると、これらのフリーラジカル還元され、身体から安全フリーラジカル排除することができます。

 

 

抗酸化物質の源とは

 

f:id:beingart:20190208105052j:plain

 

 

いくつかの抗酸化物質は、あなたの身体によって作り出すことができ、その他の抗酸化物質食事によって摂取されなければなりません。

 

 

グルタチオンスーパーオキシドジスムターゼSOD)、およびカタラーゼは、すべてあなた自身の細胞保護するために、あなたの体内で作られます。

 

また、いくつかの重要な栄養素は、これらの重要な内因性抗酸化物質生産増やすことが科学的に証明されています。

 

 

微量栄養素ビタミンミネラル)に含まれる抗酸化物質には、ビタミンEベータカロチンビタミンC、そして、セレンが含まれます。

 

身体はこうした微量栄養素生産することができないため、食事によって摂取されなければなりません。

 

 

さらに、人体強力抗酸化物質として作用することができる、多くの植物由来の栄養素植物性栄養素)があります。

 

以下のリストは、健康的な食事から摂取することのできる、さまざまな植物由来栄養素を含んだ抗酸化物質の例です。

 

 

Phytochemical

ファイトケミカル

Food source

食物源

Allyl Sulfides

硫化アリル

Onions, garlic, leeks, chives

タマネギ、にんにく、ニラ、ネギ

Carotenoids (e.g. lycopene, lutein, zeaxanthin)

カロチノイド(例:リコピン、ルテイン、ゼアキサンチン)

Tomatoes, carrots, watermelon, kale, spinach

トマト、ニンジン、スイカ、ケール、ほうれん草

 

Curcumin

クルクミン

Turmeric

ウコン

Flavonoids (e.g. anthocyanadins, resveratrol, quercitin, catechins)

フラボノイド(例:アントシアニジン、レスベラトロール、ケルシチン、カテキン)

Grapes, blueberries, strawberries, cherries, apples, grapefruit, cranberries, raspberries, blackberries

ブドウ、ブルーベリー、イチゴ、チェリー、リンゴ、グレープフルーツ、クランベリー、ラズベリー、ブラックベリー

Glutathione

グルタチオン

Green leafy vegetables

緑色の葉物野菜

Indoles

インドール

 

Broccoli, cauliflower, cabbage, Brussels sprouts, bok choy

ブロッコリー、カリフラワー、キャベツ、芽キャベツ、チンゲン菜

Isoflavones

イソフラボン

Legumes (peas, soybeans)

豆類(エンドウ豆、大豆)

Isothiocyanates (e.g. sulforaphane)

イソチオシアネート(例:スルフォラファン)

Broccoli, cauliflower, cabbage, Brussels sprouts, bok choy

ブロッコリー、カリフラワー、キャベツ、芽キャベツ、チンゲン菜

Lignans

リグナン

Seeds (flax seeds, sunflower seeds)

種子(亜麻の種、ひまわりの種)

Monoterpenes

モノテルペン

Citrus fruit peels, cherries, nuts

柑橘系の果物の皮、チェリー、ナッツ

Phytic Acid

フィチン酸

Whole grains, legumes

全粒穀物、豆類

Phenols, polyphenols, phenolic compounds (e.g. ellagic acid, ferrulic acid, tannins)

フェノール、ポリフェノール、フェノール化合物(例、エラグ酸、フェルラ酸、タンニン)

Grapes, blueberries, strawberries, cherries, grapefruit, cranberries, raspberries, blackberries, tea

ブドウ、ブルーベリー、イチゴ、チェリー、グレープフルーツ、クランベリー、ラズベリー、ブラックベリー、茶

Saponins

サポニン

Beans, legumes

豆、豆類

 

 

米国国立癌研究所the National Cancer Institute)、米国農務省USDA)、そして、栄養学の専門家たちが掲げる推奨量は、

個々人のカロリーニーズに応じて、1日あたり最低5〜13皿分果物野菜を食べるよう伝えています。

 

これらの推奨量に基づいてみると、典型的な様々な食事において、

およそ200600 mgビタミンCと、1020 mg16,00032,000 IU)のカロチノイド摂取することになります。

 

さらに、食事の中で最も豊富抗酸化物質であるポリフェノールについて見てみると、

果物野菜穀物、そして、飲料なども含めた、多種多様な食事を通して、

1日当たり1グラム摂取量といった、高い食事摂取量を維持する必要があるということになります。

 

ご参考までに、必要なポリフェノールの参考例を、以下に表記してみます。

 

 

  • アントシアンジン:2オンスの黒ブドウに1,500 mg
  • プロアントシアニジン:赤ワイン1日当たり100〜300 mg
  • カテキン:1日あたり50 mgのお茶(1杯の淹れたての緑茶、240〜320 mgのカテキン)、チョコレート(砂糖を除く)、リンゴ、梨、ブドウ、赤ワイン
  • イソフラボン:大豆食品から1日当たり50 mg
  • クロロゲン酸:コーヒーを飲む人の場合、1日当たり800 mgもの高濃度

 

 

 

充分な量の抗酸化物質を摂取するために

 

f:id:beingart:20190208133450j:plain

 

 

一貫して健康的で多様な食事を食べることで、高用量抗酸化物質摂取できるというのは、確かに理にかなったように見えるかもしれません。

 

しかし、平均的な米国人の場合、毎日、合計3皿分果物野菜摂取しています。

 

これはつまり、食事のガイドラインに準じて考慮するならば、5人から13人分の食事が必要になるということです。

 

ゆえに、実際には、日々の食事では必要な栄養素を充分に満たすことができていないのです。

 

こうした低い摂取量であるが故に、米国人93%ビタミンE推定平均必要量EAR/The Estimated Average Requirement )さえ得られていません。

 

また、大人の半数以上が、ビタミンA推定平均必要量さえ摂取できていません。

 

なので、他の多数の抗酸化物質摂取量に関しても、最適で有効な量をかなり下回っているのではないか、と確信せざるを得ないのです。

 

 

充分な量フルーツ野菜を食べることは、あなたがご自身の食事において、充分な量抗酸化物質摂取しているかどうかを確認するための最良の方法になります。

 

あなたの食事評価し、あなたが一日あたり少なくとも5皿分野菜果物摂取できているか、確認してみると良いでしょう。

 

さらに、高品質ビタミン・ミネラル総合栄養製品を利用することで、

いくつかの植物由来の化合物である抗酸化物質を含めて、食事では補いきれない抗酸化ビタミンミネラル摂取量増やすことができます。

 

 

◉出典:Ask the Scientists
USE ANTIOXIDANTS TO PROTECT YOURSELF FROM FREE RADICAL DAMAGE

askthescientists.com

 

*These statements have not been evaluated by the Food & Drug Administration. This product is not intended to diagnose, treat, cure, or prevent any disease.

*本記事の記述内容は、FDA(米国食品医薬品)からの評価を受けたものではありません。この製品は、病気の診断、治療、治癒、予防を目的としたものではありません。

 

※読みやすい日本語文にするために、科学記事の翻訳に際して許容範囲内で加筆または付記させていただいた箇所があります。原文につきましては上記の英文記事をご覧ください。

 

 

翻訳に添えて:日本人の食事による栄養素と抗酸化物質の摂取について


上記のAsk the Scientistsの英文記事における栄養素の推奨量は、米国の食事指針や米国国内の研究データに基づく内容になります。

 

日本人の食事摂取基準や推奨量は、もちろん、米国とは異なります。

 

しかし、日本においても、身体や細胞が必要としている栄養素や抗酸化物質を食事から充分に摂取できているとは言えない現状があります。

 

科学的な見解から見れば、米国人であろうと日本人であろうと、細胞が必要としている栄養成分はほぼ同じである、と言うことができます。

 

地球上の人類が必要としている栄養素や抗酸化物質の種類や量は、(もちろん、年齢や性別によっても異なりますが)、

人種や国境を越えて、肌の色や言語や宗教に関わらず、生物学的には大きな違いはありません。

 

なので、上記の英文記事で主張されている内容は、米国のみならず、日本の現状にも当てはまるものがあるのではないかと思います。

 

 

f:id:beingart:20190208125904j:plain

 

 

日本における現在の推奨量(RDA)は、97〜98%の人々が必要量を満たすと推定される摂取量を示したものです。

 

これは、戦後の時代に、栄養摂取不足を回避する目的として設定された推定平均必要量を補助するために策定されました。

 

そして、日本人の食事摂取基準を活用する場合もまた、考慮しておくべきことがあります。

 

それは、この基準は、健康な個人または集団を対象としたものである、ということです。

 

これは、健康の維持・増進、生活習慣病の発症予防を目的とし、且つ、重症化予防も視野に入れ、科学的根拠に基づく策定を基本としていますが、

あくまでもこれは、エネルギーや各栄養素の摂取基準を示したものである、ということも忘れてはならないでしょう。

 

一般的には、日本の食事摂取基準を活用する場合、これは健康な人を対象としたものである、ということを考慮しておく必要があります。

 

 

f:id:beingart:20190208130035j:plain

 

 

大切なことは、あなたのライフスタイルに合った栄養バランス良い食事を心掛けることです。

 

そして、食事では充分に補いきれない栄養素を高品質な栄養製品から摂取することも含めて、

食事の在り方を見直してみるのも、長期にわたる健康維持のために効果的なことだと言えるでしょう。

  

  

f:id:beingart:20190208125948j:plain

 

 

あなたの真の健康は、今ここから、創り出していくことができます。

 

あなたが健やかに毎日を過ごし、あなたらしく輝いて生きていくことができますように。

 

 

f:id:beingart:20190208131409p:plain 

f:id:beingart:20190120111017j:plain

 

ニュートリショナル製品

  

*ユサナは、最高品質の製品を製造し、その内容成分量を保証しています。ご自身やご家族の皆様に正規品をご利用いただくため、ユサナ製品は、ユサナアソシエイトまたはUSANA.com からご購入いただきますよう、お願い申し上げます。

*本品は、特定保健用食品と異なり、消費者庁長官による個別審査を受けたものではありません。

*本記事の記述内容は、FDA(米国食品医薬品)からの評価を受けたものではありません。この製品は、病気の診断、治療、治癒、予防を目的としたものではありません。

  

f:id:beingart:20190205224249j:plain

*このウェブサイトに掲載しているUSANA関連情報は、ユサナ・ヘルス・サイエンス・ジャパン合同会社 (USANA Health Sciences Japan LLC)の承諾を得て掲載しています。